高関健さん(本選指揮者)インタビュー

2015.12.08|オフィシャルレポート

ファイナルのピアノ協奏曲で東京交響楽団とともにファイナリストと共演した、指揮者の高関健さんに、6人と共演したご感想を伺いました。全演奏終了後、結果発表の前にお聞きしたお話です。


─6人と共演されて、印象はいかがでしたか?

みなさん、本番が一番良い演奏でした。
打ち合わせ、2回のオーケストラリハーサル、そして本番という4回の中、終始安定していたのはロパティンスキーさんでしたね。合わせやすかったので、オーケストラも安心して演奏していました。あとは、メリニコフさんも安定していました。大きな音で弾くタイプではないのだろうなと感じましたが。
あと、ガジェヴさんの演奏には、創意工夫があった。リハーサルのとき、彼の中で組み立ててある考えをたくさん伝えてくれるのですが、本番はとにかく即興的でした。その場でどんどん変わっていくおもしろさがありましたね。
シューさんは、リハーサル、本番とどんどんよくなっていったところが、すばらしかったと思います。ルーマニアのミトレアさんは、ずいぶん緊張するタイプのようでしたが、本番は気分よく弾けたようで、オーケストラに対して感謝の気持ちを伝えてくれました。
それから、ムーサさんはとくに本番がうまくいったと思います。気分で弾くところがあるタイプかなと見受けていたのですが、本番では集中力がずっと続いていて、良かったと思います。確かになんとなく、アルゲリッチさんに似たスタイルの演奏だと感じるところがありましたね。

6人、みんなおもしろかったですよ。

20151208b01000.JPG


─コンクールの指揮で一番気を付けていることは何でしょうか。

"本当にこのテンポがあなたの弾きたいテンポなのか"と、確認してあげることです。すでに経験のあるプロのピアニストは、うまくいかなければ、このテンポは違うとはっきり言ってくれます。でも、彼らの場合は初めてその作品をオーケストラと弾く場合もあるので、これぐらいと言って弾いたテンポが実は自分のテンポでなく、あとになってそれが違ったとわかることがある。そうならないよう、事前に汲み取ってあげたいと思っています。


─ソリストとして素敵だと感じるのは、どんなピアニストでしょうか?

音色、アイデアなど、いろいろなものを持っているソリストはすばらしいと感じます。そして、お客さんに対しての説得力があることも大切です。
そういう意味では、ガジェヴさんはおもしろかったです。かなり即興的で、スピードが走るところもありましたが、ああしてギリギリのところで演奏しているときに、パンと別のことをやる余裕があるというのは、すごいことだと思います。


文・高坂はる香
  • 一覧へ戻る
2015.12.08
高関健さん(本選指揮者)インタビュー

ファイナルのピアノ協奏曲で東京交響楽団とともにファイナリストと共演した、指揮者の高関健さんに、6人と共演したご感想を伺いました。全演奏終了後、結果発表の前にお聞きしたお話です。


─6人と共演されて、印象はいかがでしたか?

みなさん、本番が一番良い演奏でした。
打ち合わせ、2回のオーケストラリハーサル、そして本番という4回の中、終始安定していたのはロパティンスキーさんでしたね。合わせやすかったので、オーケストラも安心して演奏していました。あとは、メリニコフさんも安定していました。大きな音で弾くタイプではないのだろうなと感じましたが。
あと、ガジェヴさんの演奏には、創意工夫があった。リハーサルのとき、彼の中で組み立ててある考えをたくさん伝えてくれるのですが、本番はとにかく即興的でした。その場でどんどん変わっていくおもしろさがありましたね。
シューさんは、リハーサル、本番とどんどんよくなっていったところが、すばらしかったと思います。ルーマニアのミトレアさんは、ずいぶん緊張するタイプのようでしたが、本番は気分よく弾けたようで、オーケストラに対して感謝の気持ちを伝えてくれました。
それから、ムーサさんはとくに本番がうまくいったと思います。気分で弾くところがあるタイプかなと見受けていたのですが、本番では集中力がずっと続いていて、良かったと思います。確かになんとなく、アルゲリッチさんに似たスタイルの演奏だと感じるところがありましたね。

6人、みんなおもしろかったですよ。

20151208b01000.JPG


─コンクールの指揮で一番気を付けていることは何でしょうか。

"本当にこのテンポがあなたの弾きたいテンポなのか"と、確認してあげることです。すでに経験のあるプロのピアニストは、うまくいかなければ、このテンポは違うとはっきり言ってくれます。でも、彼らの場合は初めてその作品をオーケストラと弾く場合もあるので、これぐらいと言って弾いたテンポが実は自分のテンポでなく、あとになってそれが違ったとわかることがある。そうならないよう、事前に汲み取ってあげたいと思っています。


─ソリストとして素敵だと感じるのは、どんなピアニストでしょうか?

音色、アイデアなど、いろいろなものを持っているソリストはすばらしいと感じます。そして、お客さんに対しての説得力があることも大切です。
そういう意味では、ガジェヴさんはおもしろかったです。かなり即興的で、スピードが走るところもありましたが、ああしてギリギリのところで演奏しているときに、パンと別のことをやる余裕があるというのは、すごいことだと思います。


文・高坂はる香

一覧に戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks