STATUTES コンクール規定

第1章 総則

  • 第1条 このコンクールの名称は、浜松国際ピアノコンクールとし、国際的呼称をTHE HAMAMATSU INTERNATIONAL PIANO COMPETITION、略称をHIPICとする。
  • (目的)
    第2条 浜松国際ピアノコンクール(以下「コンクール」という。)は、世界各国の新進ピアニストに日頃の研鑽の成果を競い合う機会を与え、その育成を図ることにより、音楽文化の振興と国際交流の推進に寄与することを目的とする。
  • (主催)
    第3条 コンクールは、浜松市及び公益財団法人浜松市文化振興財団(以下「財団」という。)の共催 により行う。
  • (開催年)
    第4条 コンクールは、3年ごとに開催するものとする。
  • (実施要項)
    第5条 コンクールの開催期日、会場、応募資格その他コンクールの実施に関し必要な事項は、別に実施要項で定める。

第2章 実行委員会

  • (設置)
    第6条 コンクールの企画及び運営に関する重要事項を審議し、決定するため、浜松国際ピアノコンクール実行委員会(以下「実行委員会」という。)を置く。
  • (組織)
    第7条 実行委員会は、委員15人以内で組織する。
    2 実行委員会の委員は、知識経験を有する者等のうちから市長が委嘱し、又は任命する。
    3 委員の任期は、3年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
  • (会長及び副会長)
    第8条 実行委員会に会長及び副会長2人を置く。
    2 会長は、市長をもって充てる。
    3 副会長は、委員のうちから会長が指名する。
    4 会長は、実行委員会を代表し、会務を総理する。
    5 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、あらかじめ会長が指名する副会長がその職務 を代理する。
  • (監事)
    第9条 実行委員会に監事3人以内を置く。
    2 監事は、市長が委嘱し、又は任命する。
  • (会議)
    第10条 実行委員会の会議は、会長が必要の都度招集し、会長が議長となる。
    2 実行委員会の会議は、委員の過半数の出席がなければ開くことができない。
    3 実行委員会の会議の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
    4 実行委員会は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、意見を聴くことができる。
  • (顧問及び音楽顧問)
    第11条 実行委員会に名誉顧問、顧問、特別音楽顧問及び音楽顧問を置くことができる。
    2 名誉顧問、顧問、特別音楽顧問及び音楽顧問は、市長が委嘱する。
  • (事務局)
    第12条 実行委員会の事務を処理するため財団内に事務局を置く。
    2 事務局に事務局長その他職員若干人を置く。

第3章 運営委員会

  • (設置)
    第13条 実行委員会に諮る事項の事前審議その他コンクールの企画及び運営全般について審議し、決定するため浜松国際ピアノコンクール運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。
  • (組織等)
    第14条 運営委員会は、委員15人以内で組織する。
    2 運営委員会の委員は、音楽関係者等のうちから市長が委嘱し、又は任命する。
    3 運営委員会に委員長を置き、委員のうちから市長が選任する。
    4 運営委員会に副委員長1人を置き、委員のうちから委員長が選任する。
    5 運営委員会の委員の任期及び会議の運営については、実行委員会の例による。

第4章 専門委員

  • (設置)
    第15条 コンクールの企画及び運営について専門的立場から助言を求めるとともに予備審査等において意見を求めるため専門委員を置く。
    2 専門委員は、ピアニストその他の音楽家のうちから市長が委嘱する。
    3 専門委員の任期は、コンクール会期終了日とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間 とする。

第5章 審査委員会

  • (設置)
    第16条 コンクールの審査を行うため浜松国際ピアノコンクール審査委員会(以下「審査委員会」という。)を置く。
  • (組織)
    第17条 審査委員会は、審査委員13人以内で組織する。
    2 審査委員は、音楽家又は音楽関係者のうちから市長が委嘱する。ただし、その過半数は、日本人以外の者とする。
    3 委員の任期は、コンクール会期終了日までとする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。
  • (委員長及び副委員長)
    第18条 審査委員会に委員長及び副委員長2人を置く。
    2 委員長は、審査委員のうちから市長が選任する。
    3 副委員長は、審査委員のうちから委員長が選任する。
    4 委員長は、審査委員会を代表し、会務を総理する。
    5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指名する副委員長がその職務を代理する。
  • (会議)
    第19条 審査委員会の会議は、委員長が招集し、委員長が議長となる。
  • (審査)
    第20条 コンクールの審査は、別に定める審査規定により行う。

第6章 会計

  • (経費)
    第21条 実行委員会の経費は、市負担金その他の収入をもって充てる。
  • (会計)
    第22条 実行委員会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
    2 実行委員会の会計に関し必要な事項は、市長が別に定める。

第7章 補則

  • (準拠法)
    第23条 この規約に関して発生する問題は、日本語の本規約に基づき、かつ日本の法律に準拠して解決される。
  • (委任)
    第24条 この規約に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。