JURY 審査委員

審査委員 ロナン・オホラ Ronan O’HORA イギリス

「オホラが奏でる音には艶があり、演奏は抒情的で感情にあふれ、経過音だけでなく全体のフォルムまで考えている。さらに、彼は天性の『細部へのこだわり』を持っている — 今回のプログラムのパッセージには、低俗さも、恍惚も、仰々しさも一切なかった」ワシントンポスト紙

世界各国で演奏活動を行うイギリス人ピアニストのロナン・オホラは、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団およびイギリス室内管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団、ハレ管弦楽団、インディアナポリス交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、オランダ放送室内管弦楽団、フィルハーモニア・フンガリカ、ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、ウィニペグ交響楽団、フロリダ・フィルハーモニー管弦楽団、クイーンズランド・フィルハーモニー管弦楽団などと共演している。アメリカ、カナダ、オーストラリア、南アフリカ、そしてヨーロッパの主要各国で、ケース・バケルス、マティアス・バーメルト、ハンス・フォンク、ジェームズ・ジャッド、ユーディ・メニューイン、ブラムウェル・トヴェイ、エド・デ・ワールト、湯浅卓雄、ローター・ツァグロセクなどトップクラスの指揮者と共演し、ザルツブルグ、グシュタード、ラヴィニア、モンペリエ、バース、ハロゲイト、ブルノなどの有名な音楽祭でも演奏している。

1964年マンチェスター生まれのオホラは、同市の王立北部音楽大学でリシャルト・バクスト教授に師事。ダヤス・ゴールド・メダル、ワーシップフル・カンパニー・オブ・ミュージシャンのシルバー・メダル、優れたショパン演奏家に5年に一度与えられるStefania Niekrasz賞など、数々の重要な賞を受賞している。BBCラジオ3で放送された80本を超えるコンサートを始め、ワルシャワ・ショパン協会でのリサイタルやオランダ放送室内管弦楽団との共演によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番のテレビ放送、BBCの二本のテレビ番組でのモーツァルトの室内楽演奏など、その演奏は世界中のテレビ・ラジオで放送されている。
レコーディングも高い評価を得ており、モーツァルト、グリーグ、チャイコフスキーの協奏曲やシューベルト、ブラームス、ドビュッシー、シューマン、ベートーヴェン、ショパン、モーツァルト、メンデルスゾーン、サティのソロ、さらにフォーレ、ブリテン、ドビュッシー、ドヴォルザーク、モーツァルトの室内楽など30枚以上のCDをTring International、Virgin Classics、Dinemic、Foneレーベルから発表している。
グラモフォン誌のエディターズ・チョイスに選ばれ「(ジェームズ・ジャッド指揮、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団との共演の)グリーグのピアノ協奏曲は、その新鮮さを録音しようとするならば、大胆華麗にして大仰にならない演奏に加えて、イマジネーションと極めて精緻な感情表現が要求される楽曲である。ロナン・オホラは…不思議にもこの非常に美しい録音演奏にすべての美徳を与えただけでなく、二度、三度と聞いても演奏は毎回完全に即興的で…見事なカデンツァである…」と講評された。

ロンドンのギルドホール音楽演劇学校の鍵盤楽器研究科長および高度演奏研究科長(Advanced Performance Studies)を務める。

BACK TO LIST