JURY 審査委員

審査委員 ポール・ヒューズ Paul HUGHES イギリス

ポール・ヒューズはトリニティ・カレッジ・オブ・ミュージックの学部生としてピアノと作曲を学んだ後、大学院に進み作曲と指揮を学んだ。

エンシェント室内管弦楽団のゼネラル・マネージャーとしてマネジメントのキャリアをスタートさせ、クリストファー・ホグウッドと共に一連の海外ツアーやレコーディングに関わる。5年後にインターナショナル・マネジメント・グループに加わり、イツァーク・パールマン、ジェシー・ノーマン、キリ・テ・カナワ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの大規模なアリーナコンサートやリサイタルツアーを世界各地で開催。1993年にチーフ・エグゼクティブとして参加したロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団において、ヒューズは音楽教育に関心を持ち始め、同楽団のアウトリーチおよび教育プログラム発展のきっかけを作る。その後は、賞を獲得した映画音楽のレコーディングシリーズや海外ツアー、新しいコンサートシリーズ、音楽祭、さらにはエディンバラ国際フェスティバルとの新たな関係構築などの功績を上げる。また、ゼネラル・マネージャーとして短期間関わったモンテヴェルディ合唱団および管弦楽団では、新たなレコーディングや主要なツアー、そして新演出によるヴェルディのファルスタッフのレコーディングなどを手がけた。

1999年、BBC交響楽団・合唱団のマネジメントとアーティスティック・ディレクション全般の責任者であるゼネラル・マネージャーに任命される。主要な海外ツアー、レコーディング、数々の委嘱や初演、バービカン・センターのレジデント・オーケストラとしての成功、主要な賞の受賞など、同交響楽団におけるヒューズのリーダーシップを示す実績を上げ、現在も芸術プログラムを新しく多様な方向へと導き続けている。2013年には交響楽団・合唱団に加えてBBCのフルタイム室内合唱団であるBBCシンガーズのマネジメントも開始。BBC交響楽団・合唱団とBBCシンガーズは、ライブ演奏やテレビ・ラジオ放送、特に年に一度の音楽の祭典「BBCプロムス」を通じて、幅広い観客に音楽を届けている。
音楽教育や生涯教育に特別な情熱を注ぐヒューズは、この分野におけるBBC交響楽団およびBBCシンガーズの活動をイギリスのみならずヨーロッパ各地、アラブ首長国連邦、アジアにまで拡大すべく、海外の主催団体のネットワークとのパートナーシップ構築、特にブリティッシュ・カウンシルとの協力関係を強化している。

2015 年ホーネンスおよびロン・ティボー・クレスパン・ピアノコンクール、2014年ロン・ティボー・クレスパン・バイオリンコンクール、スヴェトラーノフおよびブザンソン指揮者コンクール、2017年中国国家大劇院の若い作曲家コンクールなど、数々の国際コンクールで審査員を務めている。

ギルドホール音楽演劇学校、王立音楽大学、トリニティ・ラバン・コンサーバトワール・オブ・ ミュージック・アンド・ダンスの名誉フェロー。
音楽以外では、演劇、旅行、料理を楽しむ。

BACK TO LIST