FLOW コンクール出場の流れ

あなたが
優勝するまで

コンクールは2週間以上にわたる長丁場。栄冠を目指す長い道のりはどのように進んでいくのでしょうか。
第11回コンクールのスケジュールにそって、出場審査を含め、入賞者が決まるまでの流れをご案内します。

実施要項発表、公式HP公開 : 2020年7月1日(水)

実施要項の発表

申込受付 : 2021年2月1日(月)~3月31日(水)
第10回のコンクールでは、37ヶ国1地域から382名のエントリーがありました。
予備審査 : 2021年5月下旬

審査は、名前・国籍・年齢を伏せ、音と映像のみで行われます。

参加承認通知発送 : 2021年6月30日(水)までに通知。
予備審査の合格者にコンクール参加承認を通知。あとは本番に向けてひたすら練習です。
オープニングコンサート : 2021年11月7日(日)
出場者受付 : 2021年11月10日(水)~11月11日(木)

世界各国から出場者が浜松入り。
審査委員も到着します。
出場者受付後、コンクールが始まるまでに、ピアノ選びや出場順抽選会を行います。

ピアノ選び : 2021年11月10日(水)~11月11日(木)

出場者が最初にするのは、コンクールで使用するピアノを選ぶことです。
中ホールの舞台上に用意された数機種のピアノの中から、演奏で使用するピアノを選びます。

出場順抽選会 : 2021年11月12日(金)

演奏順番をくじで決めます。 抽選が終わり次第、このホームページ上にも出場者の演奏順を掲載します。

第1次予選 : 2021年11月13日(土)~ 11月17日(水)

5日間にわたり出場者全員の審査が行われます。(第10回は88名が出場)
練習曲1曲以上を含む自由な選択により20分以内で演奏します。
最終日11月17日(水)に第2次予選に進む24名(予定)を発表します。

スクールコンサート・ホームコンサート
予選敗退した出場者のなかから希望を募り、学校や市内公共施設などを会場としたミニコンサートを開催。
コンクールとは違ったリラックスした雰囲気のなかで演奏を披露します。

第2次予選 : 2021年11月19日(金)~ 11月21日(日)

出場者24名(予定)
古典派、ロマン派、近・現代作品より2つ以上の異なる時代区分から2作品以上を選択、
そして日本人作曲家により第11回コンクールのために新たに作曲された新譜課題曲を含め、40分以内で演奏します。
最終日11月21日(日)に第3次予選に進む12名(予定)を発表します。

第3次予選 : 2021年11月23日(火)~ 11月24日(水)

出場者12名(予定)
演奏時間は70分以内とし、課題曲であるモーツァルトのピアノ四重奏曲と各自のリサイタルで構成します。
最終日11月24日(水)に本選に進むファイナリスト6名(予定)が決定します。

本選 : 2021年11月27日(土)~ 11月28日(日)

出場者6名(予定)
ピアノ協奏曲を東京交響楽団(指揮:高関健)と協演します。

表彰式 : 2021年11月28日(日)

ついに、長きにわたったコンクールの頂点に立つピアニストが決定します!

入賞者披露演奏会 : 2021年11月29日(月)

ファイナリスト6名(予定)による入賞者演奏会が開催されます。
昨日までの雰囲気とは異なったリラックスしたムードの中で入賞者が演奏を披露します。