CHAMBER
MUSICIANS 室内楽奏者

チェロ 山本 裕康 YAMAMOTO Hiroyasu

愛知県出身。中島顕氏にチェロの手ほどきを受け、桐朋学園大学では井上頼豊、秋津智承、山崎伸子の各氏に師事。在学中1987年第56回日本音楽コンクール第1位、第1回日本室内楽コンクール第1位など数々の受賞歴を持つ。同大学を首席で卒業後、桐朋学園研究科ではピュイグ・ロジェ、キジアーナ音楽院ではリッカルド・ブレンゴラーの下で研鑽を積む。
1990年東京都交響楽団首席奏者に就任。1994年退団後広島交響楽団の客演ソロ奏者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を歴任。
これまでに神奈川フィルとはハイドン、シューマン、ドヴォルザーク、グルダ、コルンゴルト、リヒャルト・シュトラウスのドン・キホーテなど多数の協奏曲をソリストとして共演し、そのどれもが好評を博した。
サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭に毎年参加、矢部達哉率いる「晴れた海のオーケストラ」の主要メンバーを務め、チェンバーソロイスツ佐世保、岐阜トリオとして毎年公演を行うなど室内楽の分野でも欠く事の出来ないチェリストとして多くの音楽家と共演している。
チェロカルテットCello Repubblicaを主宰、宮川彬良氏と教育プログラムの2人のユニットや、生まれ故郷である名古屋で「大人の室内楽研究所」を立ち上げ、地域の文化向上をライフワークとするなど、活動は多岐に渡る。2008年のバッハの無伴奏チェロ組曲全曲に続き、2012年に発表したアルバム『情景』はレコード芸術誌上で準推薦盤の評価を得た。
現在、京都市交響楽団特別首席奏者、セントラル愛知交響楽団客演首席奏者。東京音楽大学専任講師、スズキ・メソッド特別講師。

BACK TO LIST