JuryJury

本選結果発表

ジャン・チャクムル

第1位 / 札幌市長賞 / 室内楽賞
ジャン・チャクムルCan CAKMUR

トルコトルコ / 1997年生まれ

牛田 智大

第2位 / ワルシャワ市長賞 / 聴衆賞
牛田 智大USHIDA Tomoharu

日本日本 / 1999年生まれ

イ・ヒョク

第3位
イ・ヒョクLEE Hyuk

韓国韓国 / 2000年生まれ

今田 篤

第4位
今田 篤IMADA Atsushi

日本日本 / 1990年生まれ

務川 慧悟

第5位
務川 慧悟MUKAWA Keigo

日本日本 / 1993年生まれ

安並 貴史

第6位
安並 貴史YASUNAMI Takashi

日本日本 / 1992年生まれ

ジャン・チャクムル

ジャン・チャクムルCan CAKMUR

トルコトルコ / 1997年生まれ 〈21歳〉

トルコ人ピアニスト、ジャン・チャクムルは、2017年スコットランド国際ピアノコンクール、続く2018年第10回浜松国際ピアノコンクールで第1位となった。
これまでに母国トルコの主なコンサートホールを始め、アッシャーホール(エディンバラ)、サルコルトー(パリ)、ムジークヘボウ(アイントホーフェン)、フィルハーモニックホール(リトアニア)、アクトシティ(浜松)、ファツィオリ・ホール(サチーレ)等の著名なホールで演奏した。
また2015年のイスタンブル音楽祭ではオープニングコンサートにてボルサン・イスタンブル・フィルと協演、またボドルム・Dマリン・国際音楽祭等の著名な音楽祭にも出演している。
2014年、16歳でキシェヒル響のオープニングコンサートに招聘された。これまでにトマス・セナゴー、高関 健、サッシャ・ゲッツェ、モデスタス・バルカウスカス等著名な指揮者との協演も果たしている。
ライターや話し手としても熱心に取り組んでおり、2015年から毎月トルコの音楽雑誌「Andante」に寄稿したり、自身のコンサートでは司会も務めている。
1997年トルコ・アンカラ生まれ。レイラ・ベケンシル及びアイシェ・カプタンのもとで音楽を学び始め、6年間師事した菅野潤やエムレ・ シェンに多大な影響を受ける。2012年、アンカラの高校を卒業後、パリのスコラ・カントルムにてマルセラ・クルデリに師事し、2014年首席で卒業。以来、アリエ・ヴァルディ、クラウディオ・マルティネス‐メーヤー、レスリー・ハワード、ロバート・レヴィン等多くの著名な音楽家との演奏機会に恵まれる。
イスタンブルにてドニゼッティ・クラシック音楽賞の「2015年ヤング・ミュージシャン賞」、また、2018年にはフランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学より大学の国際活動への貢献によりDAAD賞を受賞。リヒテンシュタイン国際音楽アカデミーからは奨学金を授与され、ミュージック・ウイークや、アカデミーが提供する音楽活動に定期的に参加している。
現在ヴァイマル音楽大学のグリゴリー・グルツマン教授の指導のもと研鑽を積んでおり、同時にベルギーのダイアン・アンダーセンとの活動を継続。TUPRAS社をスポンサーに、ピアノデュオ、ペキネル姉妹が主導する若い演奏者が国際舞台で活躍することを目的とした音楽教育プロジェクト:G & S Pekinel Young Musicians on the World Stagesに選出され、研鑽のためのグランンドピアノが供与されている。

牛田 智大

牛田 智大USHIDA Tomoharu

日本日本 / 1999年生まれ 〈19歳〉

1999年福島県いわき市生まれ。父親の転勤に伴い生後すぐ上海に移りピアノを始める。
2005年(5歳)、第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。
2008年~2012年(8歳~12歳)、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAにおいて5年連続第1位受賞。
2012年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにおいて最年少1位受賞。同年、日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサル・ミュージックよりCDデビュー。その後「想い出」(2012年)、「献呈~リスト&ショパン名曲集」(2013年)、「トロイメライ~ロマンティック・ピアノ名曲集」(2014年)、「愛の喜び」(2015年/レコード芸術特選盤)、「展覧会の絵」(2016年/レコード芸術特選盤)などが発売されている。
各地でのリサイタルに加え、シュテファン・ヴラダー指揮ウィーン室内管(2014年)、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管(2015年/2018年)、小林研一郎指揮ハンガリー国立フィル(2016年)、ヤツェク・カスプシク指揮ワルシャワ国立フィル(2018年)各日本公演のソリストを務めている。

イ・ヒョク

イ・ヒョクLEE Hyuk

韓国韓国 / 2000年生まれ 〈19歳〉

2000年1月4日ソウル生まれ。3歳からヴァイオリンとピアノを始める。幼いころから音楽を聴くことや楽器を学ぶことに情熱を持ち続け、ホームスクールをしながらソンファ音楽院で音楽について学ぶ。2009年にリトル・モーツァルト・コンクールで優勝した後、ザルツブルクのミラベル室内管弦楽団よりコンサート出演の招待を受ける。それを皮切りに、ピアニストとして大きく成長することを志し、より一層ピアノの勉強に真剣に取り組み始める。2012年、12歳の時にモスクワで行われたヤングショパン国際ピアノコンクールにて史上最年少でのグランプリを受賞し、同時に最優秀コンチェルト賞も受賞。常にアンサンブルでの演奏に関心を持ち続け、2014年モスクワで行われた第8回ベートーヴェンの日音楽祭で室内楽部門第1位を受賞。2016年、16歳で出場したポーランドでの第10回パデレフスキ国際ピアノコンクールで第1位を受賞。この時のヒョクは最年少出場者であり、初めてのシニアのピアノコンクール参加でもあった。16歳でモスクワ音楽院へ入学した後もコンサート活動を続けており、ワルシャワフィルハーモニックホール、ドゥシニキでのショパンピアノフェスティバル、モスクワのボリショイ劇場、チェコのスメタナホールやルドルフィヌムホール、オランダのアイントフォーヘン劇場、ソウル芸術センターなど各地の音楽祭やコンサートに出演している。2018年11月、第10回浜松国際ピアノコンクールで第3位を受賞。

今田 篤

今田 篤IMADA Atsushi

日本日本 / 1990年生まれ 〈28歳〉

1990年静岡県掛川市生まれ。2018年第10回浜松国際ピアノコンクール第4位及び2016年世界三大コンクールの一つであるエリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー・ブリュッセル)ファイナリスト入賞。その他若い音楽家のためのクライネフ国際ピアノコンクール、全日本学生音楽コンクール、日本音楽コンクール、PTNAピアノコンペティション、東京音楽コンクールをはじめ国内外のコンクールで優勝、入賞多数。
これまでにベルギー国立管弦楽団、王立ワロン室内管弦楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等海外及び国内のオーケストラと多数共演。
2008年度(財)ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生、2011年、2014年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生、2013年度宗次エンジェル基金/新進演奏家国内奨学金奨学生、2017年芸術・文化 若い芽を育てる会奨励賞。明治安田クオリティオブライフ奨学金奨学生。2018年ベルギーショパン協会賞受賞。
ピアノをこれまでに寺田美智子、三好のびこ、故堀江孝子、クラウディオ・ソアレス、伊藤恵、ドミトリー・アレクセーエフの各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て東京藝術大学を卒業。2014年9月に英国王立音楽大学修士課程に奨学生として入学し2016年7月に優秀な成績で卒業。2017年9月よりライプツィヒ演劇音楽大学演奏家課程にてゲラルド・ファウト氏に師事。

務川 慧悟

務川 慧悟MUKAWA Keigo

日本日本 / 1993年生まれ 〈25歳〉

2018年秋に開催された第10回浜松国際ピアノコンクールにおいて第5位を受賞。東京藝術大学1年在学中第81回日本音楽コンクール第1位受賞を機に本格的な演奏活動を始める。
エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位。イル・ドゥ・フランス国際ピアノコンクール第2位。コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)第1位、併せて各部門優勝者によるファイナルにて聴衆賞を受賞。2017年シャネル・ピグマリオン・デイズにて「ラヴェルピアノ作品全曲演奏」をテーマに6回のリサイタルを開催したほか、NHK「らららクラシック」においてラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」を演奏するなど、近年は特にラヴェルの作品に意欲的に取り組んでいる。
これまでに、日本各地、スイス、上海、ラトビアにてリサイタルを開催のほか、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、フランスにてロレーヌ国立管弦楽団等と共演。ソロ、コンチェルト、室内楽と幅広く演奏活動を行うと共に、留学記、コラムを連載するなど多方面で活動している。現在、パリ国立高等音楽院ピアノ科、室内楽科に在籍。フランク・ブラレイ、上田晴子、ジャン・シュレム、横山幸雄の各氏に師事。

安並 貴史

安並 貴史YASUNAMI Takashi

日本日本 / 1992年生まれ 〈27歳〉

3歳よりピアノを始め、東京音楽大学大学院器楽専攻 鍵盤楽器研究領域(ピアノ)を卒業。
在学中、学内演奏会、卒業演奏会に抜擢出演。カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」、日本ピアノ調律師協会等、多数の演奏会に出演。第13回日本演奏家コンクールピアノ部門(大学の部)優勝。併せてヤマハ賞受賞。2014年、ドイツ・エンゲルスで開催された California International Music Festivalに参加。2015年、「サントリーホール デビューコンサート2015」に出演。2018年、第7回野島稔・よこすかピアノコンクール優勝。第10回浜松国際ピアノコンクール 第6位入賞。
現在、ソロや伴奏を中心に演奏活動を行う傍ら、後進の育成にもあたっている。東京音楽大学大学院後期博士課程1年在学中。

Hamamatsu International Piano Competition

pagetop

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 大和証券
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA

後援団体

外務省、文化庁、静岡県、公益社団法人日本演奏連盟、一般社団法人日本音楽著作権協会、一般財団法人地域創造、 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、浜松商工会議所、公益財団法人日本ピアノ教育連盟、 時事通信社、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞静岡総局、静岡新聞社・静岡放送、 中日新聞東海本社、NHK静岡放送局、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡、株式会社音楽之友社、 月刊ショパン、K-mix、FM Haro!、浜松ケーブルテレビ株式会社、株式会社河合楽器製作所、株式会社ピアノギャラリー、 ローランド株式会社、ヤマハ株式会社

〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内
TEL:053-451-1148 / FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp

Copyright © Hamamatsu International Piano Competition. All rights reserved.
  • Alink-Argerich FoundationAlink-Argerich Foundation
  • Alink-Argerich FoundationAlink-Argerich Foundation
  • World Federation of International Music CompetitionsWorld Federation of International Music Competitions
Copyright © Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks

pagetop