海老彰子審査委員長

2015.12.13|出場者・審査委員インタビュー

「音楽への愛情とともに、順境も逆境も、忍耐強く進んでいってほしい」


すべての審査終了後、東京での入賞者披露演奏会を前に、海老彰子審査委員長にお話を伺いました。


─まずは、コンクール全体を振り返っての印象をお聞かせください。

全体的な水準がとても高かったです。
1次からファイナルまで、変わらず優れた演奏を保つのは大変なことです。そのステージによって一番すばらしい演奏をするピアニストが変わる中、コンクールでは、最後に順位がつき、それが一生続くタイトルとなります。

こうして浜松コンクールにかかわってきて感じているのは、私たち聴衆や音楽界で仕事をする関係者たちが成熟し、優勝者だけに飛びつくのではない状況を作っていかなくてはいけないということ。浜松コンクールはこれだけたくさんのみなさんが興味をもってコンクールを聴きに来てくださっているのですから、今後、そんな場所になってほしいと願っています。

20151213001000.JPG


─6人の入賞者は、どのようなところが評価されたのでしょうか。

4位となったミトレアさんは、3次で聴かせてくれた音楽的なモーツァルトのピアノ四重奏が天下一品でした。彼の穏やかな音楽性が認められたと思います。

3位となったムーサさんは、ご自分の音楽を持っていますね。繊細なピア二ズムによって、いろいろなことができる方だと思います。同3位のメリニコフさんは、とにかく優秀。将来が嘱望されるピアニストだと思います。同じく3位のシューさんは、他の審査員の先生方もおっしゃっていましたが、1次で演奏したベートーヴェンのOp.10のピアノソナタがすばらしかった。あの年齢であんなに円熟した演奏ができるのは一体なぜだろうと驚きました。まだ18歳ですから若さが感じられる部分もありますが、意欲的で頼もしいと思います。

2位のロパティンスキーさんも、1次のチャイコフスキーの交響曲の編曲作品ですばらしい演奏を聴かせてくれました。彼のピア二ズムからは、すでにプロの演奏家らしい要素が感じられました。1次のレベルをずっと保つことができたらより良かったでしょう。

そして、1位となったガジェヴさん。1次で弾いたバッハ=ブゾーニの「シャコンヌ」をはじめ、最初から音楽的な演奏を聴かせてくれました。伝統を意識しながらも、その額縁の中に音楽を入れてしまうことなく、自分で考え、創っていくところに魅力があると思います。今後、正統的な音楽への意識を大切にしつつ音楽性を伸ばしてゆけば、立派なピアニストとして成長されると思います。これからが楽しみですね。


─実力が伯仲していた中、ガジェヴさんが優勝となったのは、そういったクリエイティビティが評価されたということでしょうか。

そうですね。1位を二人にするということが許されるなら、その可能性もあったかもしれません。それほど、いろいろな見方で優れたピアニストがいたということです。たとえば野菜なら、トマト、ピーマン、ナスと、それぞれ色も味も違って、私たちはそのすべてから栄養を得ていますね。演奏家にも、それぞれの良さがあるのです。

今回3位が3人となりましたが、これについてはいろいろな意見があるでしょう。ただ、今回の審査委員の多数が、それぞれの良さを認めたいという意見を持っていたので、このような結果になりました。音楽のコンクールは、スポーツと違い、順位をつけることだけが目的ではありません。


─なるほど。審査委員の先生方の間で"3位にしたいピアニストの意見が割れた"というよりは、多くの方が"この3人を3位に入れて可能性を広げてあげたい"と考えたということでしょうか。

そういうことですね。先生方みなさんそれぞれのご意見があり、繰り返しの投票も行われましたから、時間がかかりました。ステージごとにトップの評価を得たピアニストも違いました。コンクールの結果というのは、そんな中で決まるものです。


─日本のコンテスタントについてはどのような印象でしたか。

なかには海外育ちの方もいましたが、1次、2次を聴いて、これなら今後の日本のピアニストに期待できると思わせてくれる方が何人か現れました。彼らには、音楽に核のようなものがあると感じました。ステージが進んでも同じ水準を保つことができれば、結果は違ったと思います。
やはり、どこで勉強するか、誰と勉強するか、そしてどんな意気込みを持っているが大きいですね。評価されるということを気にせず、大きな視点で音楽の本質を見つめていくことが大切なのではないでしょうか。


─海老先生としては、このコンクールを通して、どのようなピアニストを求めていらっしゃいましたか?

演奏の最後まで、ずっと魅了し続けてくれる人です。1次の25分間にはじまり、ステージが長くなっても最後まで音楽で惹きつけてくれるピアニストを望んでいました。例えばアルゲリッチさんは、何十年と演奏活動を続けながらずっと聴き手を魅了し続けていられる。本当にすごい音楽家だと思います。


─評価について審査委員の先生方にお話を聞いていたら、ご自分の趣味嗜好にかかわらず、幅広いタイプの才能を認めたいという声が多く聞かれました。

良い傾向だと思います。そのためには、審査委員に深い見識と経験が求められますね。


─今回で9回目を迎えた浜松コンクールですが、世界のピアノ界の中でどのような位置づけとなったと感じていらっしゃいますか。

浜松市が創造都市ネットワークに加盟してから最初のコンクールということで、コンクール事務局は大変なエネルギーをかけてコンクールを準備し、盛り上げてくださったと思います。コンテスタント、審査委員、ゲストと、みなさんが口をそろえて、こんなコンクールは他にないとおっしゃっていました。コンクール動画の配信からライブCDの即売、そして審査委員やコンテスタントに対してのあついもてなしに至るまで、本当にすばらしかったです。
そして、用意された3台のピアノも大変すばらしい状態でした。


─コンクールに参加したコンテスタントに、これだけは伝えたいということがあれば、メッセージをお願いします。

みなさん、音楽に対する愛情をお持ちでしょう。入賞した方もそうでない方も、これから良い時も悪い時もあると思います。順境のときも逆境のときも、どうか忍耐強くがんばってください。

文・高坂はる香

  • 一覧へ戻る
2015.12.13
海老彰子審査委員長

「音楽への愛情とともに、順境も逆境も、忍耐強く進んでいってほしい」


すべての審査終了後、東京での入賞者披露演奏会を前に、海老彰子審査委員長にお話を伺いました。


─まずは、コンクール全体を振り返っての印象をお聞かせください。

全体的な水準がとても高かったです。
1次からファイナルまで、変わらず優れた演奏を保つのは大変なことです。そのステージによって一番すばらしい演奏をするピアニストが変わる中、コンクールでは、最後に順位がつき、それが一生続くタイトルとなります。

こうして浜松コンクールにかかわってきて感じているのは、私たち聴衆や音楽界で仕事をする関係者たちが成熟し、優勝者だけに飛びつくのではない状況を作っていかなくてはいけないということ。浜松コンクールはこれだけたくさんのみなさんが興味をもってコンクールを聴きに来てくださっているのですから、今後、そんな場所になってほしいと願っています。

20151213001000.JPG


─6人の入賞者は、どのようなところが評価されたのでしょうか。

4位となったミトレアさんは、3次で聴かせてくれた音楽的なモーツァルトのピアノ四重奏が天下一品でした。彼の穏やかな音楽性が認められたと思います。

3位となったムーサさんは、ご自分の音楽を持っていますね。繊細なピア二ズムによって、いろいろなことができる方だと思います。同3位のメリニコフさんは、とにかく優秀。将来が嘱望されるピアニストだと思います。同じく3位のシューさんは、他の審査員の先生方もおっしゃっていましたが、1次で演奏したベートーヴェンのOp.10のピアノソナタがすばらしかった。あの年齢であんなに円熟した演奏ができるのは一体なぜだろうと驚きました。まだ18歳ですから若さが感じられる部分もありますが、意欲的で頼もしいと思います。

2位のロパティンスキーさんも、1次のチャイコフスキーの交響曲の編曲作品ですばらしい演奏を聴かせてくれました。彼のピア二ズムからは、すでにプロの演奏家らしい要素が感じられました。1次のレベルをずっと保つことができたらより良かったでしょう。

そして、1位となったガジェヴさん。1次で弾いたバッハ=ブゾーニの「シャコンヌ」をはじめ、最初から音楽的な演奏を聴かせてくれました。伝統を意識しながらも、その額縁の中に音楽を入れてしまうことなく、自分で考え、創っていくところに魅力があると思います。今後、正統的な音楽への意識を大切にしつつ音楽性を伸ばしてゆけば、立派なピアニストとして成長されると思います。これからが楽しみですね。


─実力が伯仲していた中、ガジェヴさんが優勝となったのは、そういったクリエイティビティが評価されたということでしょうか。

そうですね。1位を二人にするということが許されるなら、その可能性もあったかもしれません。それほど、いろいろな見方で優れたピアニストがいたということです。たとえば野菜なら、トマト、ピーマン、ナスと、それぞれ色も味も違って、私たちはそのすべてから栄養を得ていますね。演奏家にも、それぞれの良さがあるのです。

今回3位が3人となりましたが、これについてはいろいろな意見があるでしょう。ただ、今回の審査委員の多数が、それぞれの良さを認めたいという意見を持っていたので、このような結果になりました。音楽のコンクールは、スポーツと違い、順位をつけることだけが目的ではありません。


─なるほど。審査委員の先生方の間で"3位にしたいピアニストの意見が割れた"というよりは、多くの方が"この3人を3位に入れて可能性を広げてあげたい"と考えたということでしょうか。

そういうことですね。先生方みなさんそれぞれのご意見があり、繰り返しの投票も行われましたから、時間がかかりました。ステージごとにトップの評価を得たピアニストも違いました。コンクールの結果というのは、そんな中で決まるものです。


─日本のコンテスタントについてはどのような印象でしたか。

なかには海外育ちの方もいましたが、1次、2次を聴いて、これなら今後の日本のピアニストに期待できると思わせてくれる方が何人か現れました。彼らには、音楽に核のようなものがあると感じました。ステージが進んでも同じ水準を保つことができれば、結果は違ったと思います。
やはり、どこで勉強するか、誰と勉強するか、そしてどんな意気込みを持っているが大きいですね。評価されるということを気にせず、大きな視点で音楽の本質を見つめていくことが大切なのではないでしょうか。


─海老先生としては、このコンクールを通して、どのようなピアニストを求めていらっしゃいましたか?

演奏の最後まで、ずっと魅了し続けてくれる人です。1次の25分間にはじまり、ステージが長くなっても最後まで音楽で惹きつけてくれるピアニストを望んでいました。例えばアルゲリッチさんは、何十年と演奏活動を続けながらずっと聴き手を魅了し続けていられる。本当にすごい音楽家だと思います。


─評価について審査委員の先生方にお話を聞いていたら、ご自分の趣味嗜好にかかわらず、幅広いタイプの才能を認めたいという声が多く聞かれました。

良い傾向だと思います。そのためには、審査委員に深い見識と経験が求められますね。


─今回で9回目を迎えた浜松コンクールですが、世界のピアノ界の中でどのような位置づけとなったと感じていらっしゃいますか。

浜松市が創造都市ネットワークに加盟してから最初のコンクールということで、コンクール事務局は大変なエネルギーをかけてコンクールを準備し、盛り上げてくださったと思います。コンテスタント、審査委員、ゲストと、みなさんが口をそろえて、こんなコンクールは他にないとおっしゃっていました。コンクール動画の配信からライブCDの即売、そして審査委員やコンテスタントに対してのあついもてなしに至るまで、本当にすばらしかったです。
そして、用意された3台のピアノも大変すばらしい状態でした。


─コンクールに参加したコンテスタントに、これだけは伝えたいということがあれば、メッセージをお願いします。

みなさん、音楽に対する愛情をお持ちでしょう。入賞した方もそうでない方も、これから良い時も悪い時もあると思います。順境のときも逆境のときも、どうか忍耐強くがんばってください。

文・高坂はる香

一覧に戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks