• 第7回コンクール概要
  • トピックス
  • スタッフレポート

チョ・ソンジンさん、演奏曲目と近況を語る!

2012年11月 8日|スタッフレポート

オープニングコンサートを飾るチョ・ソンジンさんが浜松に到着しました。
2ヵ月前からパリでの留学生活が始まり、音楽にますますます輝きが増している彼。
リサイタルは、11月9日(金)15時開演です。

プログラムはこちら。
ドビュッシー:練習曲第8番「装飾音のための」
ドビュッシー:前奏曲集第1集より「音と香りは夕べの大気の中に漂う」「パックの踊り」「ミンストレル」
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第2番 ニ短調 op.14
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
ラヴェル:ラ・ヴァルス

盛りだくさん、ソンジンさんの多彩な音を堪能できる、魅力的すぎる内容ですよ!
そんなプログラム、そして近況について、ソンジンさんに伺いました。

─浜松にいらっしゃるのはいつぶりですか?
1年ぶりです。浜松は日本で初めて訪れた都市ですし、知っている方がたくさんいるので、とても自然な気持ちになれる場所です。
─この3年間の一番大きな変化は?
背が高くなりました(笑)。それと、あの時に比べるとレパートリーが断然増えました。

─オープニングコンサートの曲目は、多彩で一目見てとてもわくわくする内容です。どのような考えでこのプログラムを組み立てたのですか?
まずは記念年のドビュッシーの中から、僕自身が特に好きな作品を選びました。プロコフィエフのソナタ第2番は、とても素晴らしい作品でありながらあまり演奏されることがないのでぜひみなさんにお届けしたいと思いました。よく演奏されるのは6、7、8番だと思いますが、初期の作品である2番は、打楽器的な要素、ロマン的な雰囲気、そしてユーモアと、僕の好きなものがすべて入っている作品です。また、ベートーヴェンのソナタ第31番とラヴェルの「ラ・ヴァルス」は、かなり頻繁に演奏する僕にとって十八番のようなレパートリーです。

20121108sr001.jpg
─ベートーヴェンのソナタ第31番については、どのようなイメージを持って演奏されていますか?

作品自体というよりは、ベートーヴェン自身について考えていますね。決して軽い音楽ではありませんから、音も軽いものを出さないように、かといって重すぎてもいけませんので、どんな音を出して奏でるべきかを大切に考えて演奏しています。昨年のチャイコフスキーコンクールのステージで演奏したこともあり、一番時間をかけて勉強した自信のあるレパートリーです。

─チャイコフスキーコンクールのときと今では、その演奏は変わっていると思いますか?
言葉で説明するのは難しいですが、確かに変わったと思います。弾けば弾くほど難しくなる作品です。

 

20121108sr002.jpg

─近況についてお伺いします。最近はどのような生活を送られていますか?
2ヵ月前から留学をして、パリに暮らしています。初めての留学経験ですから、楽しいことも多いですがちょっと大変なこともありますね。まだフランス語を勉強中なので、授業はもちろん意思疎通でも苦労することがあります。

─コンクールや演奏活動で海外に滞在する経験はすでに多くされているとは思いますが、あらためてパリに住んだことで、音楽的に新たに気がついたことなどはありますか?
東京もそうだとは思いますが、パリもとにかくコンサートが多い。僕は演奏を聴くことがとても好きなので、週に3、4回はホールに通っています。韓国にはなかなか来てくれない演奏家のコンサートも聴くことができて、とても幸せな毎日を送っていますよ!

高坂はる香


■第8回浜松国際ピアノコンクール オープニングコンサート
「チョ・ソンジン ピアノリサイタル」
日時:平成24年11月9日(金) 開場 14:30  開演15:00
会場:アクトシティ浜松 大ホール
チケット:S席 3,000円 A席 2,000円 学生1,000円(当日指定)
 

20121108sr003.jpg
リハーサル風景(2012年11月8日 アクトシティ浜松 大ホールにて )

  • 一覧へ戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks