• 第7回コンクール概要
  • トピックス
  • スタッフレポート

【公式レビュー】 入賞者披露演奏会 in 東京

2012年11月28日|スタッフレポート

今回が初めての開催となる、入賞者披露演奏会東京公演。結果発表翌日の浜松公演のまたすぐ翌日、しかも会場を移し、リハーサル時間も短い中での本番ということで入賞者にとってはタフなスケジュールだっただろう。しかし、インターネット配信によって各地でコンクールの演奏を楽しむことができるようになった今、その興奮と関心冷めやらぬうちに生音を体感してもらうことは、若いピアニストたちとって意義のあることだったに違いない。

会場は東京文化会館小ホール。東京で最も重要なホールのひとつだということを聞いて、特に外国人の入賞者たちは感慨深げにホールの音響と雰囲気について感想を語り合っていた。
20121126001sr.jpg


この日、改めてこの会場で彼らの演奏を聴くことができたのは興味深い体験だった。アクトシティ浜松のホールで繰り返し演奏を聴いたピアニストたちだが、東京文化会館小ホールというくっきりとすべてが聴こえるホールで演奏を体感してみると、また新たな魅力を発見する。また全員が1台のピアノ、ホール所有のヤマハCFXを使用したこともあり、弾き手による楽器の反応の違いがよく見られることも興味深い演奏会となった。

プログラムは昨日と同様。内匠慧さんのリスト「忘れられたロマンス」「子守歌」から始まる。コンクールの曲目にはなかった作品で、前日浜松の大ホールで聴いたのが初めてだったわけだが、今日はまたまったく違った印象。東京文化小ホールという空間で優しい音色をめいっぱい響かせ、客席も高い集中力で聴き入る。多くの審査委員が高く評価していた彼の“繊細な音色”が際立つ。会場を移したことでそれを再確認できたのは嬉しいことだった。池辺作品では、鋭い音を響かせながら別世界を創りだす。ひとつひとつの音に込められる静かな気のようなものを感じた。

20121126002sr.jpg


ショパンのエチュード作品25-4から始めたキム・ジュンさんは、このホールでも持ち前のまろやかでボリューム満点の音を楽しませてくれる。ブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」でもは、明るくがっしりとした音が鮮明に響く。ラヴェルの「道化師の朝の歌」でもやはり持ち前の明るい音色を活かし、骨組みのがっしりとした演奏。その中で時折柔らかな音が顔を出すので、余計に美しく聴こえる。力強い音で華やかに締めくくった。
20121126003sr.jpg


アンナ・ツィブラエワさんは、やはり今日も美しいドレス姿で登場。前のふたりと同じピアノを使っているのに、ガラリと味わいの違う彼女らしい音を聴かせる。やはり力強く哀愁に満ちた音だ。リストの演奏会用練習曲「軽やかさ」で花の香りのするような音を鳴らしたかと思うと、今度はリストで重く豊かな音を響かせ、ダイナミックで自然な音楽を繰り出す。彼女の血の中にたぎる音楽への情熱が切々と伝わってくるようなステージだった。

20121126004sr.jpg


佐藤卓史さんは、やさしく語りかけるようで、まるで歌詞が聴こえてきそうなシューベルトのピアノソナタ第13番を聴かせてくれた。響きを確かめるようにていねいに奏でられる2楽章などは、温かくて、どこか懐かしい空気を吸っているような気持ちになる。そしてコロコロと転がるような3楽章。考え抜かれた音楽づくりで、正しくタッチと音を切り替えながら、きりりと美しい音楽を創っていた。愛らしく閉じられた音楽に、会場にほんわかとした雰囲気が漂った。

20121126005sr.jpg


中桐望さんは、本選のブラームスのときとはまた異なる紅色のドレスでステージに現れた。力強く、情感たっぷりに奏でられるリストの「ダンテを読んで」。明快なタッチもさることながら、豊かでどっしりとした表現が聴く者を引きこむ。続いては一変シューベルト=リストの「献呈」を、柔らかく女性的な、それでいてドラマティックな表現で聴かせた。明るくきっぱりとした頼もしさを感じさせる演奏が魅力の彼女だが、まるでたった数日でますます入賞者としての自覚が自分のものとなったかのように、自信に満ちた音を響かせた。音楽に華やぎがあり、これからの活躍を期待させるステージだった。

20121126006sr.jpg


そして最後に登場したのは、イリヤ・ラシュコフスキーさん。2度目の披露となる“幻の”英雄ポロネーズから。正直に言って、昨日の浜松公演とはテンポ感から何からまったく異なる演奏だった。独特のアクセント、思い切った抑揚をつけてピアノと戯れるようにショパンを奏でる。枠に収めようとすることもなく、生気に満ちた、勇ましくはじける音楽。1次から幾度か彼のショパンを聴いてきたが、こういうショパンも弾く人だったのかと今更ながらの発見。前日のインタビューで「自分の演奏は自然発生的でいつも変わる」と言っていたことを思い起こす。

そして間をおいてラフマニノフの世界へ。ソナタ第2番の誰もが期待する冒頭で、ホールに力強い和音を響き渡らせる。彼の優れたところは、本当に多くのタッチと音の種類を持っていることにある。このソナタでもやはり昨日とは別人のように、朗々と歌うように響く音、やわらかく優しい音、時に、狂気じみた突き刺さるような音など、印象的な数々の表現で聴く者の心を捉えた。
20121126007sr.jpg


こうした日による変化を目の当たりにすると、音楽とは人の心の動きや空気が影響しあってたった一度そこに生まれ、二度と取り戻すことができない、だからこそおもしろいし、感動はかけがえのないものなのだと改めて感じた。プロの演奏家にはもちろん一定レベル以上の演奏が常に求められる。その範疇の中で、気持ちの振れ幅が大きいピアニストは“不安定”と呼ばれるのかもしれないし、逆に奇跡的な瞬間を生む可能性をより秘めていると考えられるのかもしれない。それぞれのタイプを好む聴衆がいて、この音楽芸術の世界は成り立っている。そんなことをふと思うガラコンサート東京公演だった。

20121126008sr.jpg


すべての演奏を終え、ようやくほっとした表情を浮かべる入賞者たちを眺めつつ、このコンクールで演奏をした音楽を志すすべてのピアニストたちが、自分の信じる音楽で、それぞれの聴衆に幸せを与えていってくれたらいいと、しみじみこの3週間近くにわたるコンクールを思い返した。

20121126009sr.jpg

 

高坂はる香

 

  • 一覧へ戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks