• 第7回コンクール概要
  • トピックス
  • スタッフレポート

審査員による記者会見

2009年11月 7日|トピックス

「未知の素材が大きな舞台でどのくらい魅せてくれるかがみどころのひとつ」


会見する中村紘子審査委員長。
 抽選会を終え、隣の会場では審査員団による記者発表会がおこなわれた。スケジュールの都合で後ほど浜松入りする方を除き、教育者、ピアニストとして著名な審査員の面々がずらりと顔を揃えた。
 初日を前に、鈴木康友浜松市長は、「コンクールは、浜松が〈楽器のまち〉から〈音楽のまち〉として、音楽文化の振興をおこなうための中心的事業。著名な審査員の先生方をお招きしての、厳正なる審査のもと、 23日まですばらしいコンクールがおこなわれることを期待します」と、開催にむけての想いを語った。
 また、審査委員長の中村紘子氏は、出席の審査員の紹介とともに、「21 世紀において、ピアノの演奏がどう変化していくのかを浜松で見守ることができるのはとても喜ばしいことだと思います。このコン クールは下方の年齢制限がなく、たとえば今回の最年少は13歳です。こうした未知の素材が大きな舞台でどのくらい魅せてくれることになるか、それがこのコンクールのみどころの一つではないかと思います」と語った。

  • 一覧へ戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks