• 豊嶋 泰嗣
  • 漆原 啓子
  • 磯村 和英
  • 鈴木 康浩
  • 上村 昇
  • 向山 佳絵子

上村 昇

上村 昇

チェロ
上村 昇
KAMIMURA Noboru

 1975年、京都市立芸術大学卒業。黒沼俊夫氏に師事。1976年、第23回文化放送音楽賞受賞。1977年、第2回京都市芸術新人賞受賞。第46回日本音楽コンクール第1位入賞。海外派遣コンクール松下賞受賞。1979年、京都・ 東京においてデビュー・リサイタルを行う。ジュリアード音楽院のハーヴィー・シャピロ教授に師事。第6回カサド国際チェロ・コンクール第1位(イタリア)。ジュネーブにて、巨匠ピエール・フルニエ氏に師事するかたわら、スイス、イタリア、フランスの諸都市でオーケストラとの共演のほか、室内楽でも活躍。1981年、帰国。リサイタル、協奏曲、室内楽に本格的な演奏活動を開始する。1983年、第1回京都府文化賞新人賞受賞。1986年、清水和音のピアノによる『フランクのチェロソナタ』(RVC)でレコード・デビュー。東京・京都においてバッハ無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開催。1990年、ウィーン・カンマー・フィルの日本公演ソリストとして出演。1991年、ノイマン指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を共演。1992年、CD『バッハ・無伴奏チェロ組曲(全6曲)』(フォンテック)を発表。1993年、第5回飛騨古川町音楽大賞奨励賞受賞。プラハ交響楽団とドヴォルザークのチェロ協奏曲を共演。1994年、本名徹次指揮、新日本フィルハーモニーとの共演によるドヴォルザーク、シューマンのチェロ協奏曲のCD(フォンテック)を発表。1995年、ヤン・バネンカのピアノで、チェロ小品集のCD『ノータイトル』(フォンテック)を発表。1997年、11月にCD『ブラームス/チェロソナタ』(フォンテック)を発表。1998年ABC国際音楽賞受賞。同年、京都府民ホール・アルティの開館10周年を記念し弦楽四重奏団(ヴァイオリン豊嶋泰嗣・矢部達哉・ヴィオラ川本嘉子)を結成。定期的に公演を行っている。2001年、第19回京都府文化賞功労賞受賞。
 この間、NHK交響楽団はじめ、国内のほとんどのオーケストラからソリストとして招かれ共演している。又、各地でのリサイタルの他、室内楽の分野においても、ヴァイオリンのヨセフ・スーク、ピアノのヤン・パネンカ、クラリネットのペーター・シュミードル、メロス弦楽四重奏団、東京クヮルテットとの共演など、多彩な演奏活動を行い、ソリストとしての活躍はもちろん室内楽の分野においても国内外の著名なアーティストたちからの信頼も厚い。
 現在、母校の京都市立芸術大学教授、桐朋学園大学特任教授として後進の指導にもあたっている。

  • 一覧へ戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks