• 海老 彰子
  • エレーナ・アシュケナージ
  • 石井 克典
  • 植田 克己
  • 練木 繁夫

石井 克典(日本)

石井 克典

専門委員
石井 克典
ISHII Katsunori
日本 / Japan

 東京音楽大学付属高等学校、同大学に特待生として学び、大学在学中、第59回日本音楽コンクール第3位入賞。
 1992年、タングルウッド音楽祭ミュージックセンターサマーセッションに特待研修生として招かれ、室内楽とピアノをレオン・フライシャー、ピーター・ゼルキンの両氏に師事、音楽祭中、多くの演奏会に出演し、高い評価を受ける。翌年、クリーヴランドのロベール・カサドシュ国際ピアノコンクール第4位入賞。ニューヨークのマネス音楽大学大学院にて、ピアノをルドルフ・ゼルキンの愛弟子、ステファニー・ブラウン、楽曲分析をカール・シャクター、指揮をマイケル・チャーリーの各氏に師事。
 1994年、一時帰国し、日本演奏連盟、文化庁共催の東京デビューリサイタルを東京文化会館小ホールで開催。
 1996年、マネス音楽大学大学院をJ・フィーデルマンピアノ賞を得て修了。その後、ミシガンのギルモアキーボードフェスティバルなど世界各地の音楽祭に招かれ演奏会を行う。
 1997年3月、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位入賞。ニューヨークでは、カーネギーホール、スタインウェイホール等で演奏を重ねるなど、国内外で活発な演奏活動を続けている。
 これまでにソリストとして、ニューヨーク・ニューアムステルダム交響楽団、カユーガ室内管弦楽団、オハイオ室内管弦楽団、中米・コスタリカ国立管弦楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、九州交響楽団、大阪交響楽団、札幌交響楽団、広島交響楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団等と共演、日本テレビ「深夜の音楽会」他に出演。
 ニューヨークをはじめ各地でマスタークラスを開講する等、後進の指導にも努め、ハイドン・イヤーの2009年にはポルトガルのヴィアナ・ド・カステロ国際音楽祭に招かれ、ハイドンのピアノ協奏曲を演奏。2012年はドイツのヴァイカースハイム国際音楽祭で演奏と指導を行い、2014年もドイツ、エンゲルス国際音楽祭に招聘されている。カリフォルニア国際コンクール〈ピアノ部門〉(アメリカ)審査員。第3回アセアン・ショパン国際ピアノコンクール(マレーシア)審査員。第80、81、82回日本音楽コンクール審査員。2006年第6回、2012年第8回浜松国際ピアノコンクール運営委員。2009年第7回、2015年第9回同コンクール専門委員。東京音楽大学教授。
 CD:シューベルト:即興曲D.935&ムソルグスキー:展覧会の絵(SONARE1002)

  • 一覧へ戻る

主催

  • 浜松市
  • 浜松市文化振興財団

特別協賛

  • ANA
  • 遠鉄グループ
  • JR東海
  • KAWAI
  • Roland Foudation
  • 三立製菓株式会社
  • YAMAHA
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 公益財団法人浜松市文化振興財団内  TEL:053-451-1148  FAX:053-451-1123
MAIL : info@hipic.jp URL : http://www.hipic.jp
Copyright (c) Hamamatsu International Piano Competition.
All rights reserved.
Powerd By Ultraworks